トライオートFX 金融商品

トライオートFXとは?評判・特徴・メリット・デメリットまとめ

更新日:

トライオートFXとは、インヴァスト証券提供のシステムトレード。

裁量取引もできますが、仕掛け注文を使えば自動で売買してくれます。

各社システムトレードを提供していますが、トライオートFXはどうでしょうか。

今回はトライオートFXの評判からメリット・デメリットまでまとめてみました。

これからトライオートFXを始める予定の人は、ぜひ参考にしてみてください^^

\トライオートFXの公式サイトはこちら/

 

 

トライオートFXの評判&口コミ

まずはTwitterの評判を見てみると...。

 

 

トライオートFXは比較的新しいサービスのせいか、まだ悪い口コミは見かけませんでした。

2chには2017年の口コミしかなかったので、気にしないでおきました。

Twitterやブログの口コミを見る限りでは、株の相場が荒れているときでもトライオートFXは特に変動がなかったりと、FXは危ないというイメージとは違う感じ。

トライオートETFと併用して運用すると、安定して利益を出し続けられそうです^^

 

 

トライオートFXの特徴

トライオートFXの概要をカンタンに以下の表にまとめてみました。

証券会社名 インヴァスト証券
サポート時間 平日8時~21時まで
売買タイプ リピート型システムトレード
通貨ペア数 17
最低取引単位 1,000通貨
売買手数料 無料※
スプレッド手数料 0.3銭

※マニュアル注文とオートパイロット注文で売買手数料は異なります。

 

インヴァスト証券の動画です。わかりやすい!

 

最低1,000通貨単位!少額でも取引できる

引用:https://www.invast.jp/triauto/

【1,000通貨っていくら?】

取引に必要な証拠金(必要証拠金)は、各通貨ペアの基準価格(毎営業日の終値)を基に算出し、その価格に応じた金額が必要となります。そのため、1千通貨あたり最低必要な証拠金(必要証拠金額)は、通貨ペアによって異なり、数千円から数万円になります。

潤沢な資金を用意しなければ運用できない、ということはありません。

FXはレバレッジをかけて取引ができるため、1米ドル100円であればたった4,000円の証拠金を入金すれば始めることができるんです。

トライオートFXは1,000通貨単位と資金が少ない人でも投資できるので、これまでFXを気になるけど避けていた人もリスクを少なく始められるからいいですね。

 

AP注文ができる

トライオートFXは、自動売買注文以外にオートパイロット注文もできます。

オートパイロット注文は別名「仕掛け注文」とも呼び、新規注文は自身が行って決済はプログラムで行うという注文システムです。

つまり、作成した注文になると売買がされ、利益になっていくというわけですね。

FXは決済するポイントが難しいという人も少なくなく、そういった人にとっては嬉しいシステムと言えるのではないでしょうか。

 

注文や設定を自分好みに作れる

単体AP作成は、すべて自分でAP注文を作れます。

トライオートFXに慣れた熟練者におすすめです。

逆に複数AP作成とは「追尾」「レンジ追尾」等を好みの設定が可能。

変更した値で他のパラメータが自動的に補正してくれます。

 

仕掛けランキングがあるから迷わない!

トライオートFXは仕掛けランキングを提供しています。

これは損益のランキングで、事前に用意している仕掛け注文プログラムから選びます。

プログラムの詳細を確認することもでき、推奨証拠金まで表示されます。

取引方法が確立できず利益がうまく乗らない人は、成績の優れたものを選ぶことで、利益を得やすくなるの可能性もあります。

 

スマホアプリが使い易い

トライオートFXはパソコン端末以外でも取引することができます。

トライオートFXのスマホアプリをスマホにインストールしておけば、外出先でもチャートの確認や新規発注はもちろん変更や決済にも対応。

ボタン一つで運用を停止することができるので、相場急変時などいざというときにもスピーディに対応できます。

スマホにインストールしておくと凄く便利です。

 

社会貢献ポイント制度あり

トライオートFXは社会貢献ポイントの制度があります。

単に寄付するだけでは気持ちは満たされますが、投資の意味ではお得感がないように思った人も多いのではないでしょうか。

実は、この社会貢献は確定申告すれば寄付金控除として所得税等の減額を期待できます。

税金コストを抑えられれば、結果的に浮いたお金を投資に回すことができますよね。

いざ自分で寄付をすると面倒になって後回しがちですが、自動的で寄付できたら楽ちんですし、ちょっといいことしてるぜ感がいいですよね!

 

インヴァスト証券は、信頼性の高い証券会社

インヴァスト証券は、1960年に設立した証券会社。

最近は新進気鋭のネット証券が台頭していますが、歴史の長い上場企業なんです。

過去にベスト・FXブローカー賞を獲得したこともあり、信頼のできる証券会社でしょう。

また、資本金は約60億円あり、業界でもトップクラスの規模。

加えて選択型システムトレードの口座数が業界トップで、多くの投資家が信頼を寄せている証拠になりますね。

そして、全額信託分離保管(三井住友銀行)で、もしもインヴァスト証券が破たんしてしまっても預けていたお金は全額戻ってくる保証があります。

トライオートFXの運営元のインヴァスト証券は、安心感と信頼感のある優れた証券会社と言えます。

 

売買手数料とスプレッド手数料

売買手数料

トライオートFXはマニュアル注文とオートパイロット注文があります。

このうちマニュアル注文は、売買手数料0円です。

一方、オートパイロット注文(仕掛け注文)はマークアップ手数料が発生します。

取引数量 新規 決済 1000通貨あたり
1万通貨未満 2.0pips 2.0pips 片道20円
(対象外は0.2外貨)
1万通貨以上
10万通貨未満
1.0pips 1.0pips 片道10円
(対象外は0.1外貨)
10万通貨以上
50万通貨未満
0.5pips 0.5pips 片道5円
(対象外は0.05外貨)
50万通貨以上 無料 無料 無料

 

スプレッド手数料

売買手数料の他に、スプレッド手数料も発生します。

引用:https://www.invast.jp/triauto/

トライオートFXのスプレッド手数料は、業界最低水準。

トライオートFXはスプレッド手数料は業界最低水準ですが、売買手数料が発生します。

システムトレードを提供している証券会社の中には売買手数料無料のところもあるので、トライオートFXの有料の部分はデメリットになりますね。

利益は出やすく儲かる可能性も十分にありますが、売買手数料が気になる人や、証拠金を潤沢に用意できない人はネックになってくるかもしれません。

スプレッド手数料は狭いほど投資家のメリットになるため、トライオートFXのメリットになるでしょう。

 

トライオートFXを使う、メリットとデメリット

【メリット】

① 業界最狭スプレッドで、少額でも運用できる
② 自動売買セレクトで、銘柄を選ぶ必要なし!
③ カスタマイズ可能な自動売買注文
④ スマホアプリに対応

【デメリット】

①含み損を抱えた運用
②マイナススワップがかかり続ける場合がある

トライオートFXに向いている人

  • とにかく簡単に資産運用したい人
  • 少額(1,000通貨)でシステムトレードをしたい人
  • スプレッドは狭い業者がいい人
  • 社会貢献ポイント制度に興味がある

トライオートFXに向いていない人

  • システムトレードに興味がない
  • 売買手数料を支払いたくない
  • 証拠金を用意するのが大変な人

 

トライオートFXは、初心者にも上級者にもおすすめ!

今回は、トライオートFXの特徴やメリット・デメリットについて説明してきました。

ひーこ

トライオートFXを実際に使ってみると、商品を選ぶだけで資産運用できるのでとにかくカンタン!

それと細かく自分で設定して、カスタマイズして使うこともできるので投資上級者の人も売買の強い味方になるでしょう。

というわけでトライオートFXは、投資初心者さんにも、上級者さんにもおすすめできるツールです!

気になる人は、まずは使ってみてください^^

 

\トライオートFXの公式サイトはこちら/

 

-トライオートFX, 金融商品
-, , ,

Copyright© 負けない株の始め方  , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.