FX

【保存版】FXの自動売買を徹底比較!自分に合った証券会社を選ぶコツ

更新日:


最近、FX自動売買の人気が高まっていますね。

なんとなく手動売買のほうが「FXをやっている」という感覚はあるかもしれません。

でも手動売買は、仕事中に売買ができなかったり感情で取引してしまったり、とデメリットもあります。

一方、自動売買は感情を挟むことなく淡々と売買を繰り返すため、感情に支配されて負け組トレーダーだった人でも勝ち組トレーダーになり得る可能性があるでしょう。

各社、あらゆる機能を搭載した自動売買ツールを提供しています。

今回は、どれが本当に使い勝手が良く、儲かるFXの自動売買ツールなのか?徹底比較していきます(`・ω・´)

 

FXの自動売買と、システムトレードの違い

FXの自動売買とシステムトレード(通称:シストレ)は似ているようで違います。

詳しくない人は、自動売買ツールとシステムトレードは同じものだと認識している人もいます。両者の違いについて、カンタンに説明しておきますね。

 

自動売買とは?

自動売買とは、設定したプログラムで自動的に売買すること

プログラムは、ストラテジーや売買プログラムあるいは売買システムと呼ぶ人もいますね。

利益の確定や損切りの部分についても基本は自動で行います。

 

システムトレードとは?

システムトレードは、事前に決めたルールにしたがって売買します。

自動売買の必要性はありません。

たとえ手動売買でも決まったルールで取引すればシステムトレードになるんです。

つまり自動売買は、システムトレードの枠の中のひとつといった感じでしょうか。

シストレという言葉はFXをやっているとよく聞く言葉なので、まずはざっくりと覚えて置いて貰えればOKです^^

 

 

自動売買ツールの比較

現在、数多くのFX業者が自動売買ツールを提供しています。

まずは証券会社ごとのサービス名をまとめてみました。

金融機関 サービス名称 形態 売買手数料※
マネースクエア トラリピ リピート型 無料
マネックス証券 オートレール リピート型だけど、トレンド相場にも強い 無料/1枚以上
アイネット証券 ループイフダン リピート型 無料
マネー
パートナーズ
パートナー
FXHyperSpeed NEXT
連続予約注文
設定型 無料
YJFX リピートトレール注文 リピート型 無料
ライブスター証券 iサイクル注文 リピート型 200円(片道)
1万通貨
ジャパンネット銀行 連続IFDOCO注文 リピート型 無料
FXブロードネット トラッキングトレード リピート型 400円
1万通貨
インヴァスト証券 トライオートFX

シストレ24

設定型/選択型 20円(片道)
1万通貨未満10円(片道)
1万通貨以上10万通貨未満

5円(片道)
10万通貨以上50万通貨未満

50万通貨以上で無料

シストレ24は無料

外為オンライン サイクル注文

iサイクル注文

リピート型 20円(片道)
1千通貨
ひまわり証券 エコトレFXループ・イフダン 選択型
リピート型
エコトレFXは108円(税込)・ループ・イフダンは無料
トレイダーズ証券 みんなのシストレ 選択型 無料
セントラル短資FX セントラルミラートレーダー 選択型 無料
FXプライムbyGMO ちょいトレFX 設定型 無料

※売買手数料はスプレッド手数料やキャンペーン期間中の特別手数料については省略。

この中で初めて特許を取得したのは、マネースクエアのトラリピ。

その後に各社特許を取得していき、それぞれ内容は少しずつ異なります。

 

 

大まかに、リピート型と選択型に分けられる

単に自動売買とはいえ、すべて同じような形態をしているわけではありません。

大きく分けると、リピート型と選択型になります。

この両方の存在が、国内で自動売買ツールを普及させた要因でもあるでしょう。

というのも、それまで自動売買は設定が難しく、便利なものの素人や初心者にとっつきやすいというイメージはなかったんですね。

でも、現在の自動売買はカンタンで優れているため、資産運用でのメリットはとても大きいです。

それでは、それぞれの型についてもう少し詳しく触れておきましょう。

 

リピート型は、IFD注文を自動で繰り返す

引用:マネースクエア https://www.m2j.co.jp/guide/order_toraripi.php

リピート型あるいはループ型と呼ばれる自動売買は、基本的に自分で値幅を決めます。

この決めた値幅の中で自動的に売買を繰り返していきます。

IFD注文の裁量トレードでも同じですが、どうしても取引できない時間帯や感情でうまくトレードできないこともありますよね。

でも、リピート型の自動売買ツールを使えば、仕事中や睡眠中でも勝手に売買してくれるので、値幅設定さえ相場に合致していれば利益を積み重ねることができます。

このような性質なので、リピート型はレンジ相場が得意

逆にトレンド相場に向いていないので、相場の分析力がカギになりますね。

 

リピート型の証券会社

リピート型で有名所は、

  • マネースクエアの「トラリピ」
  • 外為オンラインの「iサイクル注文」
  • FXブロードネットの「トラッキングトレード」
  • アイネット証券の「ループイフダン」
  • ひまわり証券の「ループイフダン」

上記のようなものが代表的ですね。

特に自動売買ツールに興味がなかった人でも「トラリピ」や「iサイクル注文」等の名称は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

選択型は、自分好みにできるところが魅了

リピート型とは異なり選択型は、まさしくその名のとおり選択する方式

正確にはストラテジー選択型と呼ばれ、ミラートレーダー系とオリジナル系に分かれます。

両方についてそれぞれ説明しておきましょう。

 

ミラートレーダー系の選択型

世界でも有名なプラットフォーム「ミラートレーダー」を使った選択型。

合計500種類以上のストラテジーから選択できます。

お気に入りのものを選んでおけば、自動的にそのトレードを24時間行います。

ただし、必要になる投資金が高くなりがちで、100万円程度の資金が必要になってくるでしょう。

難しいことはありませんが、投資資金を多く用意できる人になりますね。

ミラートレーダー系の選択型で有名所は、

  • インヴァスト証券のシストレ24
  • セントラル短資FXのセントラルミラートレーダー

といったところでしょうか。

 

オリジナル系の選択型

オリジナル系の選択型は、ミラートレーダー以外のシステムを搭載した自動売買ツール。

つまり、証券会社が独自で作成した自動売買ツールということですね。

各社オリジナルのものを選択するので、特徴は業者によって異なります。

たとえばランキングから選ぶものや運用成績から選ぶもの、と他にもいろいろあるんです。

オリジナル系の選択型で有名所は、

  • トレイダーズ証券の「みんなのシストレ」
  • ひまわり証券の「エコトレFX」

上記2社ですね。

投資資金も豊富に必要ではありませんし、ランキング等の形式から選択する型なので初心者でもカンタンに感じるでしょう。

 

その他の型について

実は、リピート型と選択型以外にも型はあります。

ストラテジー自己設定型と、ストラテジー開発型(MT4)。

ストラテジー自己設定型

ストラテジー自己設定型は、自動売買の取引ルールを完全に自由に設定できます。

カスタマイズ性能は優れていますが、自動売買に慣れていない人は混乱しやすいでしょう。

FXにも自動売買に慣れた人や、もっと自分でカスタマイズして使いたい人に向いています。

 

ストラテジー自己設定型の有名所は、

  • マネーパートナーズの「パートナーズFXHyperSpeed NEXT」
  • インヴァスト証券の「トライオートFX(オートパイロット注文)
  • FXプライムbyGMOの「ちょいトレFX」

 

ストラテジー開発型(MT4系)

ストラテジー開発型(MT4系)は、MT4のストラテジー開発機能からストラテジーをプログラミングする自動売買といったところでしょう。

MT4を入手することは自体は難しくないですが、ストラテジー開発機能を利用するには専門的な知識が必要になってくるので、初心者にはとっつきづらいはずです。

海外では活発に開発が行われていますが、国内ではまだそれほど。

完全オリジナルのものを作れる人は、使ってみてもいいですね。

 

 

民間の自動売買ソフトや、自動売買ツールに注意!

ここでは証券会社や金融商品取引業に登録のある会社が提供している、FXの自動売買をご紹介してきました。

ただ中には民間企業でFXの自動売買ソフトやツールを作成し、無料で配布したり、有料で販売したり、利用手数料を得ている会社があります。

もしかしたら、いいものもあるかもしれません。

でも、利用は絶対におすすめできません。

その理由は、やはり信頼性が無いからです。

 

例えば証券会社が提供する自動売買ツールを使っていた場合、万が一証券会社が潰れても信託契約銀行がお金を全額返金してくれます。(入金した額ではなく、その時の資産分)

でも民間の場合は、泣き寝入りになる可能性も十分にあります。

お金を集めるだけ集めて、最初は儲からして、資金が十分に集まったところで計画倒産する。なんてことに巻き込まれることだって可能性としてあります。

 

そして、もしロジックが変わって、勝てなくなったら終わりです。

過去に私の友人も、FXの自動売買ソフトが儲かるからと言って仕事を辞めましたが、結局その後ロジックが変わり稼げなくなり、また再就職する羽目になりました。

世の中、そんな都合のいい話はないものですね。

 

証券会社が提供している自動売買かどうかを見極めるには、サイトを見て、商号や金融商品取引業の登録があるか、信託保全100%と書かれているか、ちゃんと確認してください。

 

もちろん証券会社が提供している自動売買ツールを使えば、絶対勝てるというものではありません。

でもサポートがあったり、潰れたときの保証があったりして安心ですし、詐欺にあうという心配はありません。

そして証券会社の自動売買でも、十分に利益を出せる可能性はありますし、それで生活している人も世の中にはいっぱいいます。

なのでFXで資産運用するなら、信頼性のある証券会社の自動売買ツールで始めてくださいね^^

 

FX自動売買を検証中!

条件や口コミでFXの自動売買ツールを比較してきましたが、やはり実際に使ってみたところどうなのか?というのが気になるところだと思います。

そこで当サイトでは、実際にFXの自動売買を行い検証し、その運用実績や使い勝手を比較しています。

その結果は随時公表していくのと、またここに追記していくので参考にしてみてください^^

関連記事

【2018年版】トラリピの運用実績をブログで公開!

最近話題のトラリピに2018年の8月から、私も取り組んみることにしました! トラリピって実際に儲かるの?トラリピってぶっちゃけどうなの?ってところを、毎月ブログ形式で運用実績を包み隠さず報告していきま ...

続きを見る

 

 

FXの自動売買ツール、結局どれを使えばいいのか?

結局のところ自動売買ツールは、気楽に設定できて収益率のあるストラテジーを選ぶ、という誰でもできるカンタンな方法が人気になっています。

ただし、単に適当に放置するだけでは利益につながることはありません。

市場の相場によって変更する必要があり、リピート型が良いのか選択型が良いのか、その中からどのストラテジーを選ぶべきか考えなければなりません。

 

当サイトのおすすめFX自動売買

ひーこ

設定するだけであとは放置でリピート売買してくれる、トラリピ。

自動売買セレクトで、商品を選ぶだけでFXができるトライオートFXです!

iサイクルやループイフダンも気になっているので、今後も自動売買ツールをどんどん実際に使って比較していきます。

結果は随時、報告していきますね!

トラリピは国内の自動売買の火付け役となったツール。今も人気が高く、私も利益を出していますので自動売買をこれから始める人におすすめです(^^♪

 

-FX
-,

Copyright© 負けない株の始め方  , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.