ソーシャルレンディング

クラウドバンクの評判は?元本割れやリスクまとめ

更新日:

クラウドバンクは、日本クラウド証券株式会社が運営するソーシャルレンディング業者です。2014年3月は約2億円規模の応募総額でしたが、現在は150億円超の規模にまで成長しています。

順調に運営を続けているクラウドバンクは、投資家にとってメリットのあるソーシャルレンディング業者でしょうか。

今回は、クラウドバンクの特徴からお得な口座開設方法まで、わかりやすく丁寧に解説していきますね^^

 

クラウドバンクの実績と特徴

クラウドバンクは、日本初の第一種金融商品取引業者としてソーシャルレンディングに取り組みました。

また、2013年から開始したクラウドバンクは累計応募金額200億円を記録し、これは国内のソーシャルレンディング市場では3番目に君臨する実力を持っています。

加えて、横浜市と中小企業支援の協定を締結したり、オリックス銀行融資内定済の不動産案件を取り扱ったり、行政や大企業と連携を図る努力を行っているんです。

そんなクラウドバンクは、以下のような特徴があります。

  • 複数種類のファンドあり
  • 1万円からの少額投資が可能
  • 手数料や出金手数料
  • 貸し倒れ(元本割れ)は0件
  • キャンペーンファンドや担保・保証付き案件
  • あり
  • 業務停止命令を受けた過去

それでは、それぞれの特徴について詳細を説明していきますね。

 

複数種類のファンドあり

単一種類に特化したソーシャルレンディング業者は多いですが、クラウドバンクは複数種類のファンドを取り扱っています。

再生可能エネルギーから不動産やマイクロファイナンスなど、他社とは異なった複数種類のファンドを提供。

1社で分散投資が行え、多様なジャンルに投資したい人は魅力的に感じるでしょう。

 

1万円から少額投資が可能

ソーシャルレンディング業者の中には、まとまった投資金を用意しなければならないこともあります。

最低投資額は業者によって異なり、投資家としては少額でも投資ができるほうが分散投資が行え、安心感を覚えますよね。

クラウドバンクは最低投資額は1万円で可能。

この金額ならお小遣いの範疇でソーシャルレンディングを始めることができるでしょう。

 

手数料や出金手数料

クラウドバンクは、多くの部分で手数料無料の提供をしています。

具体的に手数料無料の部分を以下に挙げてみました。

  • 口座開設手数料無料
  • 口座維持手数料無料
  • 銀行出金手数料無料

上記の手数料無料の中でも、銀行出金手数料無料はとても魅力的ですね。

ソーシャルレンディング業者の多くは、銀行出金手数料がかかってしまいます。

業者によって金額は違いますが、800円程度の銀行出金手数料になるため、何度も出金する予定の人は積もり積もって大金になってしまうでしょう。

特に1万円程度の少額投資の場合は受け取れる報酬額も少ないので、銀行出金手数料で結局利益にならなかったというケースもあり得ますね。

クラウドバンクでは、最低出金額は1,000円です。1,000円未満は出金できませんが、最終的に全額出金はできますので、安心してくださいね。

一方、クラウドバンクでも手数料が発生するものもあります。

 

入金(振込)手数料

これはクラウドバンクの手数料というよりも、銀行に支払う手数料になりますね。

一部の銀行では月に数回は振込手数料無料のところもあります。

たとえば、住信SBIネット銀行や楽天銀行といった銀行は、手数料無料になるサービスもありますので、クラウドバンク用に口座開設をしておいても損はしないでしょう。

 

貸し倒れ(元本割れ)は0件

クラウドバンクは貸し倒れが0件です。

過去に延滞は起こりましたが、貸し倒れを起こしていない事実は、安心して投資できる理由になるでしょう。

 

キャンペーンファンドや担保・保証付き案件あり

クラウドバンクは、不定期型のキャンペーンファンドの募集があります。

キャンペーンの内容は、Amazonギフト券のプレゼントや投資金額の一部キャッシュバックといった内容で、投資家にとってデメリットはありません。

ただし、キャンペーンファンドは通常のファンドに比べて募集が埋まるスピードが早く、投資の可否を素早く判断する必要があるでしょう。

また、担保や保証付きのファンドも多いですし、運用期間が3~6ヶ月といった比較的短期~中期の期間を設定している場合も多いです。

 

業務停止命令を受けた過去

クラウドバンクは、過去に2度業務停止命令を受けました。

業務停止命令を受けた事実は、投資家にとっては「怪しい企業」「経営が危なそう」といったイメージを受けるでしょう。

実際、業務停止命令を受けたソーシャルレンディングは数少なく、不安材料のひとつになることは間違いありません。

しかし、クラウドバンクは悪意を持ったソーシャルレンディング業者と判断するべきでしょうか。

というのも、業務停止命令後も投資家が減ったわけではなく、なんらかの被害を受けたわけでもないですね。

そもそも、業務停止命令は歴史の浅い会社はよく受けてしまう性質があります。たとえば、証券会社では過去にあの楽天証券やマネックス証券も金融庁から業務停止命令を受けた事実があるんです。

すでに業務は再会して軌道に乗っていますし、金融庁の指導の下、きちんと改善されたと判断するほうが建設的な意見ではないでしょうか。

 

 

クラウドバンクの評判や口コミ

クラウドバンクの評判や口コミは、2chやツイッターで確認できます。

口コミの内容はさまざまで、良い内容から悪い内容まであります。

すべての口コミを信じることは危険ですが、ある程度の参考にすることはできるでしょう。

良い評判や口コミ

クラウドバンクの良い評判や口コミは、以下のような内容でした。

  • 少額投資ができる
  • 手数料無料の部分が多い
  • サポートがしっかりしていた

基本的に上記の項目の特徴で挙げた部分が反映されていますね。

クラウドバンクのサポートはしっかりしているようで、スムーズに連絡が行えたという内容がありました。

そんなことは当たり前に思うかもしれませんが、悪い業者であればサポートの質は最悪です。

なにかしら起きたときでも連絡が行える点は、安心して投資ができる材料になるでしょう。

 

悪い評判や口コミ

クラウドバンクの悪い口コミや評判は、そこまで数多く見つけることはできませんでした。

ただ、どうしても過去の業務停止命令について触れている内容が多かったですね。

こういった過去の出来事は消えることはありませんので、今後クラウドバンクの経営姿勢が大事になってくるでしょう。

また、「早期償還がよくある」という口コミもありました。

早期償還は、予想利益よりも少ないお金が戻ってくる仕組みです。

たしかに思っていたよりも利益が少ないのは残念な気持ちになりますが、これは悪いことばかりではありません。

早期償還でも貸し倒れが起こらず無事にお金が返ってくれば不安が消えますし、逆に別のファンドに投資ができるメリットもあります。

早期償還は効率的に資金を運用できるという考え方もできるため、悪い口コミに対して擁護する声もありました。

 

ポイントサイト経由でお得は嘘!

他のサイトを見ると、クラウドバンクはポイントサイト経由で口座開設すると、キャッシュバック等がポイントサイトから付与されてお得です。という記載があります。

実際に大手ポイントのハピタスとポイントタウンで検索してみましたが、クラウドバンクは出てきませんでした。なので、クラウドバンクの口座開設するのであれば、公式サイトから行ってくださいね。

ポイントサイトは、SBIソーシャルレンディングのみ!

ポイントサイトで口座開設でポイントがもらえるのは、SBIソーシャルレンディングです。口座開設しただけで2,250円分のポイントがもらえるのでお得ですね♪

ポイントサイトは無料で使うだけで、どんどん現金やマイルが貰えるので使わなきゃ損ですね!
おすすめポイントサイト ハピタス>

 

 

【まとめ】クラウドバンクは信頼感のある業者

クラウドバンクは、過去に業務停止命令を受けましたが、今ではきちんと運営しているソーシャルレンディング業者です。

過去の出来事を反省して業務を改善している証拠とも言えるため、今後に充分期待できる業者ではないでしょうか。

最後にクラウドバンクに向いている人と向いていない人を紹介します。

クラウドバンクに向いている人

  • 1万円の少額投資をしたい
  • 複数種類のファンドに投資したい
  • 短期~中期の投資をしたい
  • 手数料はなるべく無料で運営したい

クラウドバンクに向いていない人

  • 行政処分を受けた業者は信頼できない
  • 早期償還は絶対に嫌

クラウドバンクの口座を開設する場合は、以上の内容を考えたうえでか検討してくださいね。

クラウドバンク公式サイト>

 

≪関連記事≫

ソーシャルレンディング25社徹底比較!おすすめランキング!

最近流行りのソーシャルレンディング。 複数の企業が商品の提供を始めましたが、どこを選ぶべきでしょうか。   今回のページでは、有名所からまだ新進の企業まで、ソーシャルレンディングを提供してい ...

続きを見る

-ソーシャルレンディング
-,

Copyright© 負けない株の始め方  , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.