ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング25社徹底比較!おすすめランキング!

更新日:

最近流行りのソーシャルレンディング。
複数の企業が商品の提供を始めましたが、どこを選ぶべきでしょうか。

 

今回のページでは、有名所からまだ新進の企業まで、ソーシャルレンディングを提供している25社を徹底比較していきます。信頼度、利回りは、手数料、評判など、さまざまな観点から比較してみましょう(`・ω・´)

 

ソーシャルレンディングとは?

株式投資や投資信託などであれば、投資商品として漠然としたイメージを持っているかもしれませんが、横文字の「ソーシャルレンディング」は馴染みのない人も多いでしょう。

もしかしたら、「なんだか怪しい」と思っているかもしれませんね。ソーシャルレンディングとは、ざっと言えば「お金を貸したい人・企業」と「お金を借りたい人・企業」を結ぶ融資仲介サービス会社を指します。

しかし、ここで疑問が浮かんでくるかもしれませんね。
どうして「お金を貸したい人・企業」投資家が直接お金を渡せないのでしょうか。直接投資できれば、不要な手数料など発生しないはずです。

ソーシャルレンディングとは?3分でわかる概要まとめ>

 

融資仲介サービス会社を通す理由

融資仲介サービス会社を通す理由は、貸金業法という法律が関係していて、直接投資をしてしまうと、投資家は法律違反で罰せられます。そこで、ソーシャルレンディングという形をとることで、法律違反にならずにお金を貸すことができるのです。それでは、ソーシャルレンディングを行っている25社を徹底比較していきましょう。

 

ソーシャルレンディング25社の特徴を徹底比較!

 順位  社名  資本  担保  年利回り 成立ローン総額  取り扱い商品
 1  クラウドクレジット  有  無  5~14%  35億円以上 店舗事業
 2  maneo  有  一部  5~8%  800億円越  多種
 3  Owners Book  有  有  4.8~14.5  20億円以上  不動産
 4 トラストレンディング  無  一部  6~10%  20億円以上  不動産など
 5 ラッキーバンク  無  有  6~10%  110億円越  不動産
 6 SBIソーシャルレンディング  有  一部  2~10%  110億円越  不動産など
 7  LC LENDING  有  一部  4~10%  100億円越  不動産
 8  J.LEDING  有  有  3~8%  4億円以上  店舗事業
 9  LENDEX  無  有  10%  1億円以上  不動産
 10  Crowd Lease  無  有  5~8%  39億円以上  店舗
 11  GAIA FUNDING  無  有  4~11%  40億円以上  米国不動産
 12  Crowd Realty  無  一部  6.5~10%  39億円以上  不動産
 13  Green Infra Lending  無  一部  11~14%  67億円以上 再生可能エネルギー
 14  Poket Funding  無  一部  5~8%  7,830万円  不動産
 15  APPLE BANK  無  有  6.5~10%  7億円以上  不動産など
 16  AMERICAN FUNDING  無  有  5~10%  5億円以上  米国不動産
 17  Cash Flow Finance  無  有  5~9%  5億円以上  不動産
 18  Smart Lend  無  一部  3~6.5%  24億円以上  金融
 19  SAKURA SOCIAL LENDING  無  一部  5~11%  3億円以上  地域創生
 20  サムライ  無  無  5~8%  非公開  多種
 21  FUNDINNO  有  無  非公開  不明  株式投資
 22  オーナーズバンク  不明  不明  非公開  不明  不動産
 23  クラウド バンク  処分  一部  5~7%  180億円越  多種
 24  AQUSH  貸倒  一部  4~15%  非公開  不動産
25  みんなのクレジット  処分  不明  不明  不明  不明

すべてを兼ね備えた完璧な会社はありません。どこかが優れていればどこかが劣っているといった感じで、一長一短あります。ここでは信頼度や年利回りなど複数の観点、評判などを考慮して順位をつけました。

 

ソーシャルレンディングは信頼性・安全性・年利回りを考える!

上記の項目の表でも示しましたが、ソーシャルレンディングは歴史の浅いサービスということもあり、貸し倒れや行政処分を受けた会社もあります。どうしてもソーシャルレンディングは歴史が浅いため、ベンチャー企業が多いです。ベンチャー企業は今後成長するかもしれませんが、倒産などの可能性があります。

 

最終的に被害を受けてしまう人は投資家になりますので、よく検討しなければなりません。資本のある会社は信頼性が高く、担保のある商品を用意していれば安全性があります。そのうえ年利回りが高かったり取扱商品が豊富だったり、といった順に選びましょう。

 

単純に年利回りが高いから投資することは、リスクと背中合わせになりかねませんので、よくよく検討しなければなりません。また、たとえば「FUNDINNO」は投資家の人に審査があります。

 

審査に通過しなければ投資ができませんので、とりあえずソーシャルレンディングを始めてみたいと思っている人には不向きでしょう。今回紹介した中でも順位の高いクラウドクレジットやmaneoといった会社は、幅広く門戸を開いていますし、信頼度が高く安心してお金を預けられるおすすめ会社ですね。

 

ソーシャルレンディングは出金手数料(払い戻し)がかかる?

ソーシャルレンディングは基本的に口座開設手数料や維持手数料は発生しませんが、出金時に手数料を支払わなければならないところが多いです。ただ、中には出金手数料のないところもありますので、一部を紹介しましょう。

社名 出金手数料

ラッキーバンク

無料

SBIソーシャルレンディング

無料

クラウドクレジット

月1回無料

トラストレンディング

有料

maneo

有料

OwnersBook

有料

大半のソーシャルレンディングの会社は出金手数料が有料ですが、順位を高く設定した会社の中には無料のところもありました。こういった手数料無料の点でも、評判や人気の高いおすすめの会社になります。ラッキーバンクSBIソーシャルレンディング

 

クラウドクレジット※・ラッキーバンク・SBIソーシャルレンディングは、出金手数料無料ですから、余計な費用が発生しません。※クラウドクレジットは月1回無料です。ほんの数百円の手数料でも積もり積もれば予想外の出費になりますので、年利回りなどと考慮しながら有料・無料のところを選ぶようにしましょう。

 

ソーシャルレンディング初心者におすすめはココ!

最終判断は投資家自身で決めるべきですが、ここではおすすめできる会社を紹介します。とりあえずソーシャルレンディングで迷ったときは、以下の会社を検討しましょう。

・クラウドクレジット
・maneo
・OwnersBook
・トラストレンディング
・ラッキーバンク
・SBIソーシャルレンディング

上記の会社は信頼度が高く、年利回りや評判など総合的に判断して安心して利用できます。今回の徹底比較した会社は合計25社ありましたが、すでに行政処分を受けていたり情報が非公開だったりして、初めてソーシャルレンディングを始める人には全てはおすすめできません。

 

しかし、上記の6社は業界内の知名度や資本力でも、基本的に大丈夫です。また、大手の会社は期間限定でキャッシュバックキャンペーンなどを行っていることもありますので、積極的に検討してみましょう。最後に、おすすめの6社の特徴を紹介していきます。

 

クラウドクレジット

国内最大級の利回りが特徴で、海外特化型の会社です。アフリカやラテンアメリカなどの新興国に投資することもできますので、他の会社にはない魅力があるでしょう。また、株主に大手企業の伊藤忠商事がいて、信頼度の高い会社になります。

>>クラウドクレジット公式サイト<<

 

maneo(マイネオ)

ソーシャルレンディングといえばmaneo、国内最大規模のシェアを誇っています。投資先は多種多用で、投資初心者の方からベテランの方まで利便性が高いです。ソーシャルレンディングでは歴史の古い会社で、株主にGMOグループがあり、信頼できる会社でしょう。

>>maneo公式サイト<<

 

OwnersBook

投資先は不動産に限定していますが、実質運営者が ロードスターキャピタルで、この会社は不動産を取り扱っています。不動産の知識を持ったプロ集団が運営するソーシャルレンディングです。また、リスク評価の項目が設けられており、不動産について知識のない投資家の方でも安心して利用できるでしょう。

>>OwnersBook公式サイト<<

 

トラストレンディング

高利回りの案件が多く、7%~8%から10%以上の案件もあります。不動産担保を設定してくれていますので、投資初心者の方も安心できるでしょう。また、出金手数料が無料のため余計な出費がかかりません。

>トランスレンディング公式サイト<<

 

ラッキーバンク

ラッキーバンクは不動産投資中心で、利回りは8%~10%と高く設定しています。長期間の投資案件が多く、短期的な損益に時間を割きたくない方にもおすすめできます。また、過去に貸し倒れになったことはなく、投資先としては安全といえるでしょう。

>>ラッキーバンク公式サイト<<

 

SBIソーシャルレンディング

ネット証券や銀行などで知名度の高いSBIグループのソーシャルレンディングは、株主が100%SBIで、規模の大きい会社です。最低投資額は1万円で、お小遣い感覚でソーシャルレンディングを試してみたい方でも大丈夫になります。また、出金手数料が無料のところも大きなメリットでしょう。

>>SBIソーシャルレンディング公式サイト<<

 

 

ソーシャルレンディングは、複数の会社の口座を所有しても問題ありません。分散投資をしてリスクヘッジをすることは、投資ではとても大事なことです。

ランキングの順位の高いところを中心に、複数の口座を開設して、まずは使って自分が投資したい案件を探してみましょう^^

 

-ソーシャルレンディング
-,

Copyright© 負けない株の始め方  , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.